エザキの人・想い

エザキの社会的地位向上を図る基軸になりたい

社員になる気は全くなかったのですが、いつの間にかエザキの虜に!

説明する白井

私は大学4年の秋にアルバイトとしてエザキに入社し、半年も経たないうちに社員として改めて入社することになりました。
当時は、「就職活動に失敗したので空いた時間でアルバイトするか!」という感覚で、たまたま近所にオープンする店に面接を受け採用していただきました。それがセルフ大堀店です。
当初就職活動をしながら、しばらくアルバイトをしようと考えていました。逆に言うと社員になる気は全くありませんでした。ところがこの仕事の楽しさを知った私はエザキの虜となっていました。当時の社員の方に、様々な事を丁寧に指導・教育していただき、車に関する事が何もわからなかった私でしたが、少しずつわかるようになりました。アルバイト時代はただひたすら楽しかったのを覚えています。

やりがい、そして目標もある日々がとても楽しく充実しています。

後輩に指導する白井01

4月より社員として採用していただき、勤務地は変わりましたが、上司(店長、副店長)や部下(時給社員)に恵まれのびのび仕事をすることが出来ました。同年8月より主任、年が明けた1月より副店長となり今に至ります。3年目になりましたが、仕事に対する思いは変わらず毎日が楽しいです。
社会人がとても苦痛なものという印象が強かった学生時代でしたが、やりがい、そして目標もある日々がとても楽しく充実しています。

エザキ全体の社会的地位の向上を図る基軸になりたい。

後輩に指導する白井02

しかし、楽しいばかりではなく私自身のビジョンもあります。社長がいつもおっしゃっている「社会的地位の向上」という言葉に答えはあります。
昔のガソリンスタンドではありません。これからは車の事をすべて扱うSSS(スーパーサービスステーション)にならなければなりません。その為には勉強し、考え、指導(教育)して自らを成長し続ける必要があります。学生が終わっても日々勉強です。学ぶことをやめてしまうと成長は止まります。変化に対応し成長し続けていき、また部下を指導し成長させることで有能な人財を生み出し、エザキ全体の社会的地位の向上を図る基軸になりたいと思っています。

エザキは本当に楽しいです。最高の職場だと思っています。

このような考えになったのはエザキの幹部の方々や上司との距離も近く様々なお話をしていただける環境があったからこそでありとても感謝しています。
最後にエザキは本当に楽しいです。最高の職場だと思っています。今はまだ副店長ですが、早くエザキ№1の店長となり発展し続ける店を作ります!